好きなモノをお知らせします♪

ショッピングの重要性についての個人的な意見

ショッピング、つまり買い物は、個人的な面から見ても、また社会的な面から見ても、とても重要なモノです。
まず、個人的な面から見て行きましょう。
買い物は、現代社会を生きて行く上で欠く事の出来ない行為です。
遥か昔は、自分たちで自給自足の生活をしていました。
日本史を習うとよくわかるのですが、一般庶民が店を使って買い物をするようになったのなんて、本当にごく最近の出来事です。
しかし、現在自給自足を出来る人は本当にわずかしかいません。
そんな事が出来る土地や時間的な余裕を持っている人はとても少ないのです。
今現在、買い物をする事で生活に必要なものはなにも滞りなく集める事が出来ます。
現代社会において生きて行く上で、ショッピングは必要不可欠なものなのです。
また買い物には、それをする事によってストレスを解消する事が出来るという側面もあります。
買い物をする、そのこと自体が現代を生き抜く私たちにとってとても重要な事なのです。
次に、社会的な側面について考えましょう。
ショッピングをする事は、つまりは経済を回すという事なのです。
日本は今アベノミクス等の経済政策などで、長きに渡った平成不況を脱しようとしていますが、まだまだ好景気と言えるような状態ではありません。
では、不況を脱し、景気を良くする一番の方法は何なのでしょうか。
言うまでもなく、買い物です。
買い物をする事で経済を回し、景気を良くするのです。
これは逆の言い方をする事も出来ます。
バブル崩壊によって始まった平成不況が何故こんなにも長引いてしまったのかという一番の原因は、買い物をしなかった、買い控えをしてしまったからなのです。
人はみな不景気と聞くと節約をし、買い物を控えてしまうのですが、それがまさに自分たちの首を絞めてしまっているのです。
実はある調査で分かった事なのですが、不景気になっても自分たちの生活がそこまで変わったと思う人は少ないようです。
景気回復のためにも、不景気の時こそみなショッピングをするべきなのです。